サイレントワーカー(Silent Worker)について

副業について。

今現在、仕事をしながら副業をしている人はどれくらいいるだろう?
ある調査によるとサラリーマンをしながら副業をしている人は全体の10%程度いる、と言うデータがある。
実際にどんな副業をしているのかと言うとファーストフードでのアルバイト、ピアノの講師などの技術が必要なもの、株やFXなどの運用等、ざっとこんな感じ感じだろう。
副業を始めるには何が必要なのか考えてみると資本もしくは資格や技術だろうか、実際にこのいずれかを持ち合わせていない方もいると思う、ちなみに副業を始めたいと思っている人は全体の40%とも言われている。
資格や時間がない人には副業を始めてお金を稼ぐチャンスはないのだろうか?
実はチャンスはいたる所に転がっている、サイレントワーカーの不労所得マシンはその典型ではないだろうか、資格も時間もない人には正に一番あっている副業と言えるのではないだろうか。
全て任せっきりの副業はもはや副業とは呼べないのかもしれないが資格を取る必要もなく自分の時間を使うことなく稼いでいける、現代の社会はブラック企業と呼ばれる労働時間が長い上に残業代も出ない、更に薄給の会社が存在する。
ブラック企業に勤めながら副業を始める事は、難しいように感じるがサイレントワーカーの仕事であれば問題ないだろう。
今ブラック企業に勤めている、資格がない社会人の方も、これで現状を打破してみてはいかがだろう?
少し厳しい言葉に聞こえてしまうかもしれないが、今副業を始めなければ2年後、3年後も全く同じ生活をしているだろう、時間が全てを解決してくれると思っているのは大間違いだ、チャンスは向こうからやってこないし、しっかりと自分の手で掴みとるしかない。
ぼんやりと将来の事を考えるだけでなく明確なビジョンを描いてみよう、会社を辞める、世界を見て回る、お金と時間さえあれば行きたい所ややりたい事は数えきれないだろう。
それを現実にするには今から副業を始めるしか方法はないのでは?
宝くじや玉の輿、願うのは自由だが現実に叶う人は1%にも満たないだろう。
今からしっかりと副業を始めて自分の手で宝くじの大当たりよりも大きな資産を作っていこう。
今から動き出せば全く不可能ではないが、動き出さなければ10年後も20年後も可能性は0だ。
お金をしっかり稼いでいる人と同じやり方をして稼ぎ後は自分なりのお金の稼ぎ方を見つけて行ってほしい。

 

仮想通貨のアービトラージは上手くやれば勝率が上がる

仮想通貨のアービトラージは上手くやれば勝率が上がるということです。
アービトラージというのは裁定取引といい、ある同じ商品の価格差を利用して売買利益を出すという売買手法のことをいいます。

では、仮想通貨においてのアービトラージはどうやって利益に結びつけるのでしょうか。

それは、Aという仮想通貨をその取引価格が安い仮想通貨取引所で購入して、そのまま取引売価が購入価格や手数料などを含めても利益の出るような高い仮想通貨取引所で売却するというシンプルな方法です。
どうやって別な仮想通貨取引所で買った仮想通貨を、またさらに別な仮想通貨取引所で売却するのかという点が気になりますよね。

そこが仮想通貨という特性を利用したやり方になります。

仮想通貨というのは、ブロックチェーンという方式をとっていて送金が無料で出来るという特性があります。

なので、買値の安い仮想通貨取引所で購入した仮想通貨を、売値の高い仮想通貨取引所に送金して、その取引所で売却することで値幅をそのまま利益として得ることが出来るのです。

とはいえ、現在のところでは仮想通貨取引所の間における仮想通貨の送金というのは一瞬というわけにはいかず、送金先の仮想通貨取引所に自分が送金した仮想通貨が反映されるまでに数分~数十分ほど時間がかかることもあります。

仮想通貨の送金に時間がかかるということは、送金に時間がかかっている間に相場の変動が起こってしまい、その結果利益が取れないという可能性もリスクとしてあり得ます。

そういう事態になってしまうと、せっかく購入した仮想通貨をすぐに利益確定するということが出来ず、そうしている間に相場そのものが下落してしまったりしてしまうと、売却して利益を確定させるチャンスを逃してしまい、ふたたび相場の価格が戻ってくるまでのあいだ、いわゆる塩漬けという状態のまま仮想通貨を持ち続ける羽目になってしまいます。

これを避けるために、アービトラージの達人のみなさんはあらかじめ安く手に入れておいた仮想通貨を、売価が高い傾向にある仮想通貨取引所に送金しておいてストックしておきます。

そうすることで、リアルタイムで安く購入した仮想通貨を、その安く購入した瞬間に利益が取れる状態で即売却してしまいます。

これで、仮想通貨の送金によるタイムラグにより発生してしまう、売却機会のロスを防ぐことが出来ると同時に、より利益を得るチャンスに巡り会うことができます。